2010年11月03日

ListViewの表示位置を記憶する[サンプルソース付き]

ListViewの表示位置を記憶するサンプルです。

ListView.getFirstVisiblePosition()を実行すると、現在表示しているリストビューの一番上にあるアイテムのポジションを取得できます。

表示位置の指定はListView.setSelection()メソッドで位置を指定するだけで可能です。

指定した位置までスクロールします。


▼サンプルソース(抜粋)

//
//処理:「現在の位置を記憶」
//
((Button)findViewById(R.id.Button01)).setOnClickListener(new OnClickListener() {
@Override
public void onClick(View v) {
//
//ListView.getFirstVisiblePosition()を実行すると、
//現在表示しているリストビューの一番上にあるアイテ
//ムのポジションを取得できます。
//
_position = listView.getFirstVisiblePosition();
}
});

//
//処理:「記憶した位置に移動」
//
((Button)findViewById(R.id.Button02)).setOnClickListener(new OnClickListener() {
@Override
public void onClick(View v) {
listView.setSelection(_position);
}
});


▼サンプルソース(ダウンロード)

サンプルソースダウンロード

★その他のAndroidプログラミングTipsについてはこちら



posted by Monmonkey at 09:24| Comment(11) | Android Programing Tips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。